情報セキュリティ基本方針

Information Security Basic Policy

早信国際の情報セキュリティ基本方針(ISMS)

株式会社 早信国際(以下「当社」)は、お客様からお預かりした情報資産や当社の情報資産を守るため、「情報セキュリティ基本方針」を定めています。

 

1 情報セキュリティマネジメントシステム構築宣言

近年、情報セキュリティに関して社会に対する企業の果たす役割は、ますます重要になっています。 そこで、当社では、情報セキュリティに配慮した独自の情報セキュリティ マネジメントシステムを構築し、運用・改善していくことを宣言します。

 

2 基本理念

当社は、常に高いレベルのサービスを提供し、社会とお客様に対する 責務を果たす為、以下のとおり基本方針を定め、情報セキュリティの仕組みを構築し、全従業員に 情報セキュリティの重要性の認識と取組みを徹底させることにより、情報セキュリティ管理体制を維持します。

 

3 ⾏動方針

1) 適用範囲

当社のすべての業務活動に関わる情報資産、情報システムおよびそれを扱う者を対象とします。

2) 情報資産の管理

情報資産の機密性、完全性及び可用性を確実に保護するために、組織的、技術的に適切な対策を講じます。

3) 教育・訓練の実施

情報セキュリティ水準の維持・向上を図るため、全従業員への必要な教育・訓練を継続的に実施します。

4) 法令等の遵守

情報セキュリティに関する法令・規則及びお客様との契約上の要求事項を遵守します。

5) 継続的な改善

経営方針の変更、事業内容の変更、社会的変化、技術的変化、法令等の変更などに伴い、 定期的に情報セキュリティに関する管理体制および管理策を評価し、継続的な改善を図ります。

 


2020年10月1日 株式会社早信国際 代表取締役 姚 小全